前へ
次へ

行政書士の仕事内容にはどんなのがあるの

行政書士の仕事内容は、1、官公署に提出する書類、2、権利義務に関する書類、3、事実証明に関する書類の作成、その代理、相談が業務になります。具体的に順に説明すると、1は、都道府県、警察、保健所等の官公署に提出する書類(主に許認可に関する書類)の作成、提出手続きの代理、相談、2は、贈与や売買等の各種契約書類、遺産分割協議書、念書、示談書等の権利の発生、存続、変更、消滅の効果を生じさせることを目的とする意思表示を内容とする権利義務に関する書類の作成及び相談、3は、位置図等実地調査に基づく各種図面類、各種議事録等社会生活に交渉を有する事項を証明するための事実証明に関する書類の作成及び相談になります。ただし、他の法律で制限されているものについては業務が出来ません。以上が行政書士の仕事内容になります。

top用置換

top用置換2
Page Top